オケラだって

先日弊社の敷地内にオケラが飛んできているのを見つけました。ここ数年はあまり姿を見なかったのですが、今年は3回目の遭遇です。

S__54697987adfghj

 

オケラと言えば、やなせたかしさん作詞の童謡『手のひらを太陽に』に出てくることで有名ですが、その実物を知る日本人はたったの30%しか居ないらしいのです。折角の機会ですので、今回はオケラの魅力を紹介しましょう。

まず、オケラの正式名称は「ケラ(螻蛄)」という名前で、分類上はコオロギの仲間です。大きさは3-5cmほどで、前足がモグラのように大きく発達しているのが特徴。ご存知の方も多いと思いますが、オケラは土を掘るのが得意で、普段から地中で生活しています。雑食性なので植物の根のほかにも小昆虫やミミズも捕食します。そして、オケラの最もすごいところは、地中を掘り進み、水上を泳ぎ、空を飛び、地上を歩くというまさに水陸空どこにでも行ける昆虫である点です。この適応範囲の広さは世界唯一と言っていいほどで、そのような能力を備えるオケラにはただただ驚くばかりです。

その一方でオケラが使われていることわざを見てみると、

「螻蛄才」…多芸多才でも卓越したものはなく、役に立たないこと。

「螻蛄の水渡り」…螻蛄の泳ぎが長続きしないように、最初は一生懸命なこともすぐに飽きてしまうこと。

などのようにマイナスなイメージのものが多いのですが、オケラファンの私からすれば不思議でたまりません…。これを機にオケラのイメージアップを図りたいです…!

 

 

こちらは先日瀬戸内海沿いを走るバスから撮影した夕日です。夕日の道が鮮やかで乗客みんなで感嘆の声をあげました。オケラとは関係ないですが、夏の疲れにどうぞ…

S__56000514

 

ここ数日35度を超える酷暑が続いております。皆様無理をなさらずお過ごしくださいませ。

先日夜の散歩をしていたところ、近所の水路周辺を蛍が飛び交っているのを見つけました。急いで家にカメラを取りに戻って、撮影を試みました。今回は露出時間を長くして光が飛び交う様子を写真に収めることができました。

 IMG_3844

 

蛍を見ると懐かしい人に会ったような温かい気持ちなって、明日も頑張ろうと思えるのは私だけでしょうか?

 

日に日に夏の暑さも増して参りました。皆様も体調に気を付けて、こまめな水分補給を心がけてください。

イサム ノグチ 展

47A2C302-EF92-4C2E-A69B-08E20BAE1C8E

香川県立ミュージアム   イサム ノグチ展

2ヶ月に渡ってのLong runでの展示会

その中の1日 安田 侃さんの講演がありました。

1986年 ヴェネツィア ビエンナーレ出展の

「スライド マントラ」制作裏話。

9ED73C8F-93C6-4EA3-A18F-F764B87CC07C

数々の偉大なアーティストの交流に驚かせられました。

 

イサムノグチ庭園美術館20周年

20世紀の偉大なアーティスト20人に残るイサムノグチ。

 

 

 

 

 

 

 

春がてんこ盛り

この時期車を走らせていると、美しい花々を目にします。

ここで選りすぐりの春の花の写真を紹介したいと思います。

a (3)

 

 

樹齢350年を超える枝垂桜(内子町東石畳)

 

DSC_0554

石手川公園の夕暮れ時(松山市遍路橋付近)

 

IMG_8750 (2)

市内電車と桜(松山市道後公園)

 

IMG_0637

世田薬師の桜(西条市 栴檀寺)

 

IMG_8828 (2)

菜の花(松山市溝辺町)

この付近の石手川の河原は菜の花に占領されています(笑)

 

DSC_0540

【番外編】松山城に沈む夕日・・・

 

IMG_8840

弊社で展示中の作品「風」にも春が訪れ、様々な花やゼンマイが芽生え始めました。こちらは馬酔木の花です。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

この時期はどうしても美しい花に見とれてしまいがちですが、車の運転にはくれぐれもご注意くださいませ。

いよいよ春がやって来る

伊予路に春をもたらしてくれる「お椿さん」が明日より開催です。

4E627D8F-AC56-405D-A862-BC75AF6DD90F

今年は2月22日から24日までの開催となります。今から一週間前には「今年は寒いねぇ…!椿さんも今年は遅いけんまだしばらく寒かろねぇ。」などという声が聞こえていました。ところが、今週に入ってから「今日はちいと温なったね。椿さんもすぐじゃあねぇ。」というふうに変わりました。

弊社の庭にも着実に春が近づいています。{前:苔の花(胞子嚢)、後:水仙の芽}

A353784F-2DCE-447C-B9D1-18E1C57C6B8B  08DFAE2D-6A7D-42B0-8E35-4360C724230F

 

そして、寄せ植えを春の彩りでまとめてみました。春色の花々を見ていると心が明るくなります。

0D2E96F2-CAC7-4DC7-824B-6DBFA3DD89AD  70FBD6DD-0810-4D72-AB5B-C7637E2601DC

F28ECF8B-CE42-4C3A-B623-5D69B1BC7E72  009D99E1-972F-4E62-80DB-E9E95EA07C57

 

松山の春は「お椿さん」が過ぎたら本格的にやって来ます。まずは「お椿さん」にお参りしてから、寒さで縮こまった身体をほぐし動き始める準備をしましょう!

 

「風」に百合

昨年の夏、弊社に展示してある「風」に百合の花が独りでに咲いていました。

4AE11441-88F3-4127-89F6-88DE0041FB72

幾分華奢ですがお行儀よく並んで咲いている姿が可愛らしくて写真に収めました。

風がどこかから種を運んで来たのでしょうか?

まさに風任せ!

 

そしてこんなところにも…

0C1AFBC2-02C7-4F64-87F2-D56C9E3665C3  26024F55-33F2-4D3F-BB40-D30030F2BAFA

ど根性というか孤高というか…(-。-;

 

さて今年もこの2箇所に百合は咲くのでしょうか??

百合の生態はわからないため今年も自然にお任せします。

 

こんなお墓に入れたら毎日楽しいかもしれませんね。

他のお墓と違って水やりは大変ですが、おすすめです!!

美しい

大阪へ向かう飛行機から撮影した写真です。奇しくもこの日は父の10年目の命日でした。

13EB2C10-4AFD-4CC8-8CB8-391AC530A742

夢の世界のような幻想的な光景を目にし、若松英輔さんの著書「悲しみの秘義」の一節を思い出しました。

“かつて日本人は、「かなし」を「悲し」とだけでなく、「愛し」あるいは「美し」とすら書いて「かなし」と読んだ。悲しみにはいつも、愛しむ心が生きていて、そこには美としか呼ぶことができない何かが宿っているというのである。ここでの美は、華美や華麗、豪奢とはまったく関係がない。苦境にあっても、日々を懸命に生きる者が放つ、あの光のようなものに他ならない。”

今、自分が感じている「かなしい」は「美しい」と書く「かなしい」だと思いながら、こっそり手を合わせました。

00A9426B-B04C-426F-9AB1-A0B62E8CF7F5

もしかしたら10年前のあの頃見上げた雲の上にも虹の輪っかがあったかもしれません。

10年を経てようやく辿り着いた想いは、

「さあ、引き続き頑張っていきましょい!」です。

8FCCA9CB-004D-4EA1-8BCD-548DECF7D17D

感謝

『風』に雪

13日の朝、夜のうちに降った雪が残っていました。

展示中のお墓の中でも草木を合わせてデザインされた『風』に残った雪に一際趣が感じられました。

0FD8D792-F579-4C4B-828B-2C21EF45FFBF

 

苔にうっすらと雪

245C6B33-AD69-48D1-8FB3-A77DD327DD10

 

寄せ植えの千両にも…

1B9E871D-306A-4654-A65D-3F7712893ECE

 

今回のようなうっすらと雪の下のものが見えるくらいが風情があり、白と緑や赤のコントラストが美しいですよね。この『風』では四季折々の表情が見られるので観察するのがいつも楽しみです。ご来店の際はゆっくりとご覧くださいませ。

今年もよろしくお願い致します。

新年明けましておめでとうございます。

昨年末から石手川の河原に白い花が咲いていることには気づいていたのですが、何の花かを確認する時間もなく新しい年を迎えました。昨日は天気が良かったのでカメラを持って散歩がてら撮影してきました。

EA01760C-21DB-4DA3-A219-3AD73A621851 EEBCA71B-EB6B-4D96-8D54-B97A33AE5C00

白い花の正体は水仙でした。背筋をスッと伸ばし、うつむき加減で咲いている姿を見ると非常に清々しい気持ちになりました。毎年咲いていたのでしょうか?昨年の夏の豪雨で葦が倒されていたから水仙が咲いていることに気づけたのかもしれません。

 

FE671541-03C6-4EAC-9DFE-110C4F34E84C

水仙に向けてカメラを構えていると、急に白いものが高速で横切ったので瞬間的にシャッターを押すとそこには中鷺が写っていました。これは縁起がいい!(笑)

 

本日5日より仕事始めです。墓石屋として多様化するお客様のニーズに応えられるよう、また変わらぬ供養の心を大切にできる石屋として精進して参ります。何卒よろしくお願い申し上げます。